06≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
出産 ②
今日もウチのダンナサマは帰ってきません!宴会です
何やかんや言って、週の半分ぐらい午前様です

なので・・・。

今日もお風呂に三回入りました
しーちゃん+まーちゃん+自分=3回

おまけに昨日から始めた離乳食。
1時間かけて炊いた(←もちろん炊飯器です)お粥を
すりこぎでギコギコと地味にすりつぶし・・・・。
     ↓
見事に「べーっ」と出されました。
母悲し

我ながら頑張ってるなっ

と言う訳で?

気を取り直して出産の記録の続きを書きたいと思います。


(前回のあらすじ?)
分娩台のベッドで朝食もしっかり食べ、
いよいよ陣痛促進の点滴を入れられた私でしたが・・・。


いままでのお腹の張りとは違う痛さがやってきました。
でも何だか、ウ○チのような気も・・・。
どうしよう
そういえば、同じ病室の先に出産した友達も、
陣痛が来たとき、初めウ○チ行きたいような感じって言ってたっけ。

促進の点滴とお腹にモニターを付けてるので、すぐにトイレに行けないけど、
思い切って助産師さんに、トイレに行きたいからって言ってみると。

「ゆっちさん!それってホントにウ○チ??」
「トイレで産んだらあかんで!」

長い入院生活で、助産師さんもとっても仲良しの方だったので
そんなことも言われつつ、モニターを外してもらい
点滴をつれてトイレに直行。

でも、トイレでも陣痛は来るし、ウ○チの気配もないので
痛みの間をぬって、そそくさ分娩室へ戻ってきました。

そうしてる間に実家の両親が到着。
でもすぐに産まれるハズも無く、父親には自宅待機してもらうことにしました。
分娩室に一人だと心細かったけど、母親がいてくれるとやっぱり心強いな~。
ありがとうママ

それから暫くは陣痛が来るけど、子宮口はなかなか開かず。
お昼になり、外来の合間に先生が診察にくれました。

でも、先生の表情が何だか険しそう・・・。

先生 「ダンナさん、何時に病院に来れるんやったっけ?」
私  「う~~っ、いた~っ。6時頃です。」
先生 「そうか・・・」
私  「う~~っ、いたた~っ。間に合いますか???」
先生 「そうやね~。もう、促進MAXやし、もう少し様子みます。」
私  「う~~っ、いたたた~っ。はいっ。」

その後も、陣痛はやってきます。痛すぎる~!
そして、ダンナサマはようやく空港に到着。病院に向かっています。
予定どおり6時頃到着できるみたいです。

そして5時過ぎになり、外来を終えた主治医の先生が診察にやってきました。

先生 「ダンナさん、何時に病院に来れるんやったっけ?」
私  「う~~っ、いた~っ。6時です。」
先生 「ダンナさんが到着次第、緊急帝王切開するから」
私  「う~~っ、いたたた~っ。え~!!!」

でも陣痛が痛すぎて、正直、帝王切開って言われてホッとしました。
でもでも・・・。ダンナサマの到着って、後一時間もあるやん!
陣痛が痛すぎて、今すぐにでも切って出して欲しい気持ちでした。

そして、促進の点滴を抜かれました。
なのに、陣痛は治まるはずもなく、
痛みはどんどん襲ってきます。痛すぎる~。
もう陣痛来なくてもいいのに・・・。ぐすん
ダンナサマなんか居なくていいから、
今すぐにでも切って~!!!
先生は、すぐ手術できるように、お腹にしるしを書いたりしていました。
尿管も入れられ準備万端。

それからダンナサマが病院に来るまでの1時間。
人生で最も長く感じた1時間に違いないと思います。
もう、限界・・・。

そう思った瞬間。

ダンナサマ到着

主治医がダンナサマにさっと説明をし終わったら、
両親とダンナサマに見送られて、すぐに隣の手術室に連れて行かれました。

いよいよ「ドキドキドキ」

またまた長くなったので、次回に続きます

帝王切開になった理由は、
赤ちゃんの頭が斜めになって回転軸がずれて、まっすぐ出られなくなってたらしいです。
内診したら、本来なら赤ちゃんの頭が触れるはずなのに、
私の場合、赤ちゃんの耳が触れたらしいです。


スポンサーサイト
出産トラックバック(0) | コメント(4) | top↑
出産 ①
やっと育児に余裕が出てきたので・・・。(←いや、余裕はないかも
そろそろ出産の記事を書こうと思います。

・・・という訳で。
今日は妊娠後期から出産までを書きたいと思います。

ご存知の人もいらっしゃいますが、
妊娠28週から切迫早産で入院し、24時間ウテメリンの
点滴をしていました。

でも、この入院生活。
今思うと、点滴は辛かったけど、同じく入院しているお友達もたくさん出来て結構楽しかったな~。
4人部屋の人とは仲良くなって、今でも、メールで色々相談しています。

結構楽しい??とは言え、点滴を外してもらえたのは36週3日。
今まで安静と言われていたのに、点滴を抜いたとたん、
主治医に「さぁ~!頑張って歩いてね!」と言われちゃいました。
数ヶ月寝たきりで、しかも大きなお腹なのに・・・。

歩けないよ~

もし、自然に陣痛がこなければ、37週3日で促進剤を打つ予定になっていたので、
仕方なく、病院内をウロウロ。
私、今までなんで点滴してたの?って思うぐらい陣痛は来ず。

そしていよいよ明日から正産期と言う36週6日の夜、
夕食を食べ終わり立ち上がったその時、

「バシャー!」

生暖かいものが出た感触がしました。

これって・・・破水??

すぐに診察してもらったけど、子宮口はまだ1.5センチしか開いておらず、
陣痛が来るのを待つことに・・・。

里帰り出産だったので、遠方にいるダンナサマにも電話したけど、
すぐ産まれるとも限らないので、待機してもらうことにしました。

お腹にはモニターを定期的につけて赤ちゃんの心拍をチェックしていますが、
破水して大丈夫なのか心配です。
「早く出てきて~
でも、丸一日半。

結局陣痛は来ませんでした。

破水した2日後の朝。
いきなり主治医の先生が病室にやってきて
「今から促進打つから、朝食は分娩部で食べてね」
そそそんな~!
慌ててダンナサマには病院に来るように言ったけど、
なんせ飛行機に乗ってだから、夕方になるとのこと。

それって間に合うの??

双子のため、分娩室は個室で陣痛から分娩まで一つのベッドですが、
その分娩台のベッドで一人寂しく朝食を食べる羽目に。

そしていよいよ陣痛促進の点滴を入れられました。

「ドキドキドキ・・・

何だか長くなってきたので、また次回更新します
出産トラックバック(0) | コメント(6) | top↑
| ホーム |
プロフィール

ゆっち

Author:ゆっち
去年2月に待望の男女の双子ちゃんを出産しました。

★しーちゃん★
2分早く生まれたお兄ちゃんです。

★まーちゃん★
パパそっくりの妹です。

高齢出産で毎日大変ですが、
頑張ってます。
気軽にコメント残してくれたら
嬉しいです♪

最近のトラックバック
カレンダー
06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。